2014/10/13

純羊毛フェルトのルームシューズがカワイイ





今日はポーランドグッズのお話です。

南ポーランドのザコパネに行ったときに、こんなルームシューズを買ってきました。これががとっても優れものなのです。前に「恋する雑貨」というNHKの番組でもこの商品が紹介されましたが、靴の仕上げや刺繍やボンボンまで手作りで、靴裏はあめ色の革が張ってあります。
ザコパネに行くとおみやげ屋さんがたくさんあってあちこちで羊毛のシューズやフェルトのこれに雰囲気の似た安いものが売られていますが、靴の素材と仕上げを見るとこちらのクオリティの高さが一目瞭然です。値段も3倍ぐらいはします。
お店の人によれば、これが一番質がよく、長持ちで、秋から初夏まで使えてお得だそう。

素材は脱脂をしていない純羊毛製のフェルト。

で、実際に使ってみて150%満足です。真冬のフローリングでも靴底の革とフェルトが2層になっていて床の冷たさを感じませんが、適度な通気性があるため汗をかいて不愉快というようなこともないので確かに3シーズン使えます。

おみやげに何がおすすめですかと尋ねられたら、ご自分用になら間違いなくこれをおすすめしますね。この靴はザコパネ近辺でなくても、ちょっと高くなりますがCepeliaという各都市にあるお土産物屋さんに置いてあることもあります。まずはぜひ手に取ってごらんになってください!