2016/09/09

ヴィザなし渡航に慣れていると…

今回の視察旅行に参加を希望されている方がポーランド入国にヴィザが必要な国の出身とのことで、大使館領事部に問い合わせてみたところ、全部の書類をそろえて申請用紙を提出に行くのもオンラインで予約制。しかも、その一番早い空きが丸1か月先という回答でびっくりしました。

申請書の提出が1か月先?まったく、いったいいつの時代のどこの国の話なんだろう…。

ふと、大昔にクラクフの米国領事館や西独領事館の前にできていた査証申請のポーランド人の長蛇の列を思い出しました。

提出する書類には旅券に、招聘状、3万ユーロ以上の保障がある保険証券、航空券等などが必要で、今回のように時間があまりない場合は航空券は特に困りますね。2か月以上先の話でなければ、うっかり予約もできないし。

いずれにしても、10月初めの出発だと査証の発給は絶対に間に合わないようです。
領事館の方は、航空券は買わなくても予約確認書だけでよいとおっしゃるけれど、今は予約=決済がほとんど。予約決済してもヴィザが間に合わないというような危ない橋は渡れません。
いまどき1年オープンのノーマル航空券を購入する渡航者はいるのかな。

そして、査証の発給は申請書類受理後、1週間から2週間後だそう。
 
ポーランド入国の査証申請が東京でもこんなに時間がかかるとは。日本人がヴィザがないと入国できなかった時代は申請は郵便でもできて便利でした。なんだか時代を逆行しているような気もしないでもないですが、ヴィザ取得が入国条件になっているお国の方は、申請手続きにたっぷり時間の余裕をもってどうぞ。

申請手続きの詳細→http://tokio.msz.gov.pl/ja/consular_section/tokio_jp_a_115/